クラウド会計とは?

インターネットを使用できる環境で、どこにいても会計処理を行うことができる、会計システムのことです。  クラウド会計を利用するためのソフトをクラウド会計ソフト、と言います。 従来の会計ソフトなどは、PCにアプリケーションをインストールし、会計データを打ち込み、PCにデータを保存するという作業が必要でしたので、時間と人のコストがかかってしまいました。 クラウド会計では、ソフトウェアを購入する必要はありません。 さらにアプリケーションのインストールやデータをPCに保存する必要もありません。 必要な物は、インターネット接続環境と、PCだけです。 そして、最大の特徴がデータの自動取り込みです。 一般的なクラウド会計では、預金取引や、クレジットカードのデータを自動的に取り込み、請求書の自動発送や社員の給与自動振込みなどが可能で、毎月のように新機能がアップデートされています。 当社ではfreee(フリー)と、MFクラウド会計の両方のクラウド会計ソフトに対応可能です。

クラウド会計の5つメリット

銀行、クレジットカードなどの取引明細を自動で仕訳

インターネットバンキングやクレジットカード明細を自動で取り込むことができます。

さらにデータを元に科目・摘要を自動的に推測、登録してくれます。

また、定形的な取引は事前に登録しておけば自動的に処理してくれるようになります。

業種によりますが、仕訳(帳簿づけ)を全自動で行うことも可能になります。

ICカードなどの連携先が豊富

クラウド会計は銀行やクレジットカードだけでなく、他にもいろいろな機能があり、業務効率を上がることが可能です。

例えばSuicaといった電子カードなどに対応しているので社員の交通費精算などを瞬時にシステムへと反映させることができます。

簿記の知識がなくて、使用可能です。

クラウド会計ソフトと聞くと「複式簿記などの知識がなければ使用できないのでは?」と考えがちですが、実際そのようなことはありません。

むしろ必要な知識は最低限なものであり、誰でもカンタンに使用できるのが特徴です。

ですのでこれまで会計処理を税理士に任せてきた会社でも内製化をすることができるでしょう。

会計処理を内製化することで会社の経営状況についてより深く知ることができるといったメリットや、税理士にコンサルティングなどのサービスへ注力してもらえるといった二次的なメリットがあります。

経営状況をリアルタイムに把握できる

銀行取引等の明細を自動取得する為、その日の取引をリアルタイムに会計システムに反映させることが可能です。

通帳を記帳し、会計システムに入力し、税理士が調整しやっとできあがった1か月前の試算表をもう見る必要はありません。

今日の状況を把握し、明日の経営に役立てることができるのです。

勤務先にいなくてもシステム操作が可能です。

クラウド会計ソフトとはインターネット経由で会計ソフトを操作することですので、PCへのソフトウェアインストールする必要はありません。

今までの会計ソフトは一般的に会社、あるいはインストールしたPCでしか利用できませんでしたが、しかしクラウド会計ソフトならインターネット環境とPCさえあればいいので、いつでも、どこでも使用可能です。

経営者の方は、出張先や外出先から会社の経理状況を確認できます。

経理担当者を自宅勤務させることもできます。またMacやスマホアプリでも操作可能です。

よくある疑問

毎月費用がかかるからコストが上がるのでは?

今までの会計ソフトはパッケージ購入時、システムのアップデート時のみにコストがかかりますが、クラウド会計は毎月のランニングコストがかかるため、コストが増えるので、導入を断念する方が多いようです。

一見すると、コストが増えたように見えますが、税制改正などのシステムアップデート費用も含めると大差はありませんし、コストパフォーマンスがかなり高いです。

コストパフォーマンスが高い理由

インストール型の今までの会計ソフトは運用管理(バックアップ、バージョンアップ)でかかっていたコストが削減できます。

そもそも、クラウド会計だと、月額費用は発生しますが、運用管理が不要ですし、大幅な業務効率化につながります。

インターネット経由のクラウドサービスってセキュリティは大丈夫?

インターネット経由のため一見、セキュリティ面に不安を感じるかもしれません。

クラウドサービスではセキュリティ面にはかなり気を使っています。

もちろん、会計ソフトも同様です。

顧客データを預かるというサービスの為当然です。

SSL暗号化通信といったセキュリティ、複数のセキュリティ認証をクリアしていたり複数データセンターに分散管理していたりとかなり堅牢なセキュリティ体制を敷いています。

このため、実は自社独自にセキュリティ体制を敷くよりも安心なケースが少なくないのです。